再手術の現状

札幌でレーシックを受けることによって、視力を回復することができたり、乱視や近視を治したりすることができます。しかし、場合によっては、視力が元に戻ってしまったり、過矯正によって遠視化が起こったりしてしまいます。そういう場合は、再手術を行います。再手術をする人の割合は、1パーセント~10パーセントと幅広いです。その理由は、医師の実績やレーザーの種類によっても違います。矯正の量が多い場合や、40代以上の人は、再手術になる可能性が高くなります。医療技術の進歩によってレーザー機器も日々進化しています。ですから、札幌でレーシックを受ける場合は、質が良い機器で手術を行ったほうが良いでしょう。

札幌で再手術を行う場合、手術で作成したフラップをめくって行っていきます。フラップは時間が経てば、強く張り付くので、めくる時は慎重に行います。再手術は、最初の手術と比べて検査や手術時間も長くなりますし、難易度も高くなります。再手術ができるまでは、最低でも術後3ヶ月以降になります。術後に視力が下がった場合でも、角膜に厚みが十分ある場合は再手術を行う時があります。しかし、人によっては角膜の厚みが足りなくて、再手術ができない場合もあります。また、再手術ができる場合でも、費用の問題や、保証期間の問題があるので、手術をする前に確認しておくことが大切です。最初の手術のことだけではなく、再手術のことも知識として頭にいれておきましょう。