年齢制限

レーシックをするためには、最低限の上限として18歳以上である必要があります。17歳以下の場合は、手術を受けることはできません。その理由は、17歳までの成長過程は治療をしたとしても、眼球が発育したことによって近視や乱視が進行する可能性があるからです。そのため、成長過程が完了した18歳以上じゃないと手術を受けることはできないのです。18歳、19歳の未成年でも手術を受けることはできますが、クリニックによっては保護者の同意書が必要になる場合があります。年齢の下限はありますが、基本的に上限はありません。一般的には60代までなのですが、特に眼に異常がなければ手術を受けられる場合もあるからです。白内障の人でも、治療を受けて完治したらレーシックを受けることが可能になります。クリニックによって、手術条件は異なるので、札幌でレーシックを受ける場合は、まず相談してみましょう。

札幌でレーシックを受けることができますが、誰でも手術を受けられるというわけではありまえん。適応検査を受けて、不適応と診断された場合は、レーシックを受けることができないのです。特定の眼の病気がある人や、重度の糖尿病などの全身に関わる病気がある人や、妊娠中や授乳中、屈折矯正手術ができない職業に就いている人や、向精神薬を使用している人などは、不適応と診断されるので注意が必要です。レーシック手術では、角膜を切除して、レーザーを照射することによって屈折率を調節します。そのため、角膜の厚みが無いと手術はできません。