手術の種類

以前までは目が悪い人は、メガネをかけるか、コンタクトレンズをするか、という選択肢しかありませんでした。しかし、現在ではレーシックをすることによって、視力を回復させることができるのです。レーシックと一言で言っても様々な種類があります。基本となる手術方法が、スタンダードレーシックです。スタンダードレーシックは、1990年に開発された手術法で、フラップをマイクロケラトームで作っていきます。そのあとにフラップをめくって、角膜にエキシマレーザーを照射していきます。そうすることで、角膜の屈折力を調整することができ視力を矯正します。この手術方法は、ベーシックな手術法なのですが、昔の方法なので、札幌の病院で行われていることも少ないです。

スタンダードレーシックと似ている手術法が、エピレーシックです。スタンダードレーシックと違うのは、フラップを作る時にエピケラトームを使用することです。エピケラトームを使用することによって、角膜の薄い人や非常に近視の人でも手術することができます。現在一般的となっている方法が、イントラレーシックです。イントラレーシックでは、フェムトセカンドレーザーを使って、コンピューターによってフラップを作ります。この方法は、感染症のリスクも低く、薄いフラップを作ることができるので、施術を受けられる幅も広いです。また、コンピューター制御で行われるので、安全で正確的です。一般的な手術法なので、札幌の多くの病院で行われています。他にも、ラゼックやZレーシックなどの手術方法もあります。札幌にはレーシックを受けられる病院が存在しますが、全ての手術方法を行っているわけでは無いので、確認しておくことが大切です。